私はウォーターサーバーの省エネ対策をしています

私はウォーターサーバーを使用しているのですが、いつでも冷たい水が飲めますし熱いお湯を使う事が出来るので大変に便利です。
特に夏場は冷たいミネラルウォーターがとても美味しいので、ジュースなどを買う機会が減ってとても節約が出来ています。
このようにウォーターサーバーは、冷たい水や熱いお湯がいつでも使えるのは当然の事ながら電気を使用しているからです。
サーバーの種類によって異なるのですが、大体ひと月あたりに1000円から2000円ほどの電気代が必要になります。
この金額はウォーターサーバーの便利さから考えると大した金額ではないのですが、少しでも安いに越したことはありませんので、私は対策をするようにしています。
私が使用しているサーバーには温度設定機能が付いていますので、それを調整することで消費電力を低くするようにしています。
冷水を冷たい状態で維持したり、お湯を熱い状態に維持するのには電気が沢山必要になりますので、その設定温度を冷水は高くお湯は低く設定しておくだけで消費電力を低くする事が出来ます。
また最近の新しいサーバーには、省エネモードを搭載したタイプも登場しています。
省エネモードにする事でICで運転を制御して、自動的に消費電力を抑えて電気代が安くなるようにします。
具体的にはサーバーを頻繁に利用する時間帯には冷たい水や熱いお湯が使えるように通常の運転をして、利用する機会の減る深夜などに冷水とお湯の設定温度を調整して、消費電力を抑える運転に切り替えます。
省エネモードは大変に便利な機能なので、これからウォーターサーバーを契約する人にはおすすめです。
またよく勘違いされる事なのですが、電気代を抑えたいのならコンセントを抜いてしまえばいいじゃないかと思われる事も有るようなのですが、これは間違いです。
コンセントを抜いてしまうと、サーバー内に雑菌が繁殖しやすくなてしまいますので大変に危険です。
数日使用しないからといってコンセントを抜いてしまうと、メンテナンスが必要になりますので注意が必要です。
こまめに温度設定を調整するだけでもある程度の省エネにはなりますので、面倒臭がらずに行う事が電気代の節約に繋がります。
こちらの水のおいしさについての記事も合わせてご覧下さい。

Copyright 2013 宅配水.com All Rights Reserved.