ウォーターサーバーと浄水器どれを選べばいいのか

最近、飲料水についての関心が高まってきてますね。
コンビニ、スーパーでも多くの物が販売されてるのをみかけます。
水道水がまずい、残留塩素など健康に良くないなどいろいろ聞きますね。
そこで注目されてるのがウォーターサーバー、浄水器です。
ここでウォーターサーバーと浄水器について説明します。
ウォーターサーバーは冷水、温水を使えるものが主流です。
いつでも冷たい水を飲んだり、熱いお茶やコーヒーをいれるのに便利です。
ウォーターサーバーはレンタルで無料から毎月1、050円程度の物がありました。
それにサーバーに設置する容器に入った水を購入するという形です。
水が入ってる容器もガロンボトルというものが主流でしたが、最近は空気が入りにくいものがでてきてます。
12リットルで1、365円前後です。
各販売会社によって何ケース以上定期購入するとサーバーのレンタル代が無料になったりするなどがあります。
また、肝心の水ですが、天然水と人工水とに分けられます。
天然水は自然の水源から採取したものをボトリングしたものです。
人工水は簡単に言うと水道水を浄水した物にミネラルを添加したものをボトリングしたものです。
価格は天然水のほうが高めです。
ここで注意したいのは大きく分けて2種類あるということです。
メーカーによって色々でした。
あるメーカーでは設置する水を選べました。
浄水器は様々な種類があります。
購入タイプとレンタルするタイプがあります。
蛇口につけるタイプ。
置き式タイプなどです。
どのタイプでも残留塩素は除去できますがトリハロメタン、クロロホルム、鉛などの発がん性物質や有害物質を除去できるかは機種によって様々です。
また、除去できるといっても100パーセント除去出来るものではなくメーカーによって違いました。
よく性能表示を見て購入することをおすすめします。
価格は除去できる項目数であったり、何リットルまで浄水できるか性能で様々でした。
幾ら高価なものを購入しても、カートリッジを交換しないと性能は落ちていきます。
また、最近のキッチンの蛇口は、シャワー、冷水、温水の切り替え式になっており取り付けができない場合もあるようです。
おおまかにウォーターサーバー、浄水器がどういうものかをご説明させていただきました。
また、こちらの体に優しく健康的な水についての記事も興味深いです。

Copyright 2013 宅配水.com All Rights Reserved.